映画【風に立つライオン】大沢たかお・石原さとみ出演!! 日本人医師の思いが少年兵の絶望的な人生を変える… 感想あらすじ&ネタバレ

引用:https://eiga.com/movie/81448/

ご覧頂きありがとうございます。今回は「風に立つライオン」の感想や印象に残ったことをまとめてみました。

アフリカ、ケニアに渡り医療活動を行った日本人医師と少年兵の交流を中心に描かれています。

実際に現地で医療活動を行った医師、柴田紘一郎氏をモデルにしており戦場近くのリアルな医療現場の様子はとても引き込まれるものでした。

また、国内のある島の小さな診療所のことにも触れられていて感動できるシーンがいくつもある作品でした。

「風に立つライオン」の見どころ

・苛酷な戦場近くの野戦病院で賢明に医療活動をする医師達やリアルな医療現場が描かれていて勉強になる。その苛酷さに目を背けたくなりながらも引き込まれるストーリー。

・医師、島田航一郎(大沢たかお)と少年兵の交流が心温まる。家族を皆殺しにされ自身も多くの命を奪った少年兵が航一郎に心を開くシーンは必見。

・航一郎と同じように日本人でありながらケニアの野戦病院に入り、航一郎と共に孤児院を開いた石原さとみ演じる草野和歌子看護師の変化。

「風に立つライオン」の概要と大沢たかお、石原さとみのコメント

引用:https://eiga.com/movie/81448/

「風に立つライオン」はもともとは音楽家さだまさしが製作した一つの曲をもとに作られたものです。

ケニアで活動の経験のある柴田紘一郎氏と交流のあったさだまさしがその活動に感銘を受け
1987年に作詞作曲で「風に立つライオン」を製作しました。

ケニアで国際医療活動をする医師が、日本に残した恋人に宛てた手紙の形式で歌詞がつづられています。

私も映画を鑑賞する前に聞きましたが熱い気持ちが込められていて想像などで書けるものではなくもし何の予備知識がなくて聴いたとしても誰かの本物の気持ちを歌っていると気付いていたと思います。

その世界観に魅了された俳優大沢たかおがこの楽曲の原作の小説化を熱望しさだに制作依頼をして2013年に出版されます。

そして三池崇史監督の手により映画化され2015年に公開されました。

ですので柴田紘一郎氏→さだまさし→大沢たかお→三池崇史という流れになります。

この曲の小説化、映画化は多くの人々に歓迎されたのは間違いないと思われそれほど人の心を動かす力があります。

三池監督からのこんなエピソードが引っ掛かりました。

「彼らに撮影に来てもらうには、その場が楽しいところ、安心できてまた行きたいなと思えるところでなきゃいけない。ぼくらと彼らが心を通い合わせるという、一番基本のところが試されるような撮影だった」
引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0071364

作品内で大沢がケニアの人々と心を通わせるシーンがいくつもありますが本当に打ち解けあっていたことがわかりそれを理解して作品を思い出すと感慨深いものがありますね。

引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0071364

今作は主演を務めた大沢にとってもっとも思い入れが強い作品だと思います。

「三池監督の『風に立つライオン』に参加できたことが良かった。航一郎役を、自分ではない人が演じていたら多分、嫉妬していたと思います。だから、自分を選んでいただいて感謝しています。本当にこの映画に携われたことがうれしかった。自分が出ている、出ていないにかかわらず素晴らしい作品だと思います。三池監督って本当にすごいと感じました」
引用:https://eiga.com/movie/81448/interview/

引用:https://eiga.com/movie/81448/interview/

大沢が演じる医師、島田航一郎は素晴らしく現地での苛酷なロケは本当にケニアを愛していなければ不可能なものではないでしょうか。

そして航一郎と同じく赤十字野戦病院に配属される若い看護師に石原さとみ演じる草野和歌子がいます。

航一郎と同じように強い愛を持っていて心身に深い傷を持つ少年たちだけでなく同僚の医師の心も安心させていきます。

ぜいたくですよね。日本映画なのに、アフリカのケニアに行って、現地の人たちと現地の物を食べながら、時にはスワヒリ語で現地の話をしたりして……。夢みたいな撮影でした。「こういう現場を経験したかったんだ!」ってすごく思いました。撮影中はあまり客観視できなかったんですけど、取材を受けるたびにいい経験をさせてもらえたんだなぁとかみしめています。引用:https://www.cinematoday.jp/interview/A0004479

苛酷な現場を楽しむことができるのは柔軟な心の持ち主だということがわかりますね。

引用:https://www.cinematoday.jp/interview/A0004479

「風に立つライオン」の基本情報

【監督】三池崇史
【脚本】斉藤ひろし
【原作】さだまさし「風に立つライオン」
【主題歌】さだまさし「風に立つライオン(シネマ・ヴァージョン)」
【配給】東宝
【時間】139分

「風に立つライオン」主なキャスト

引用:https://eiga.com/movie/81448/

島田航一郎:大沢たかお
草野和歌子:石原さとみ
秋島貴子:真木よう子
青木克彦:萩原聖人
田上太郎:鈴木亮平
児島聡子:藤谷文子 高校時代は松本穂香
秋島清美:中村久美
秋島誠一:山崎一
福田和恵:宮田早苗
ちすん
村上雅行:石橋蓮司

「風に立つライオン」のあらすじ

https://eiga.com/movie/81448/

ケニアにある研究所に日本の病院から島田航一郎が派遣されてきます。
航一郎は優秀で笑顔を絶やさず人柄も良く「大丈夫」が口癖でそう言って患者を励まします。

着任早々、彼はケニアの別の場所にある赤十字病院へ1か月の派遣を命じられます。
そこは紛争地帯で多くの兵士の傷の手当を行う野戦病院でした。

そこでは麻酔の出来ない深い傷を負った兵士の手足の切断手術を行い、またこの病院に送られてくる兵士の半分以上は、戦争で体も心も深い傷を負った少年兵士がほとんどで初日から4人の手足の切断をさせられ瞬く間に航一郎から笑顔が消えてしまいます。

明るさを失ってしまった航一郎はみかねた研究所の村上所長(石橋蓮司)に連れられケニアのマサイ村へ遊びに行き、彼らから最高のもてなしを受け同じ時を過ごすうちに航一郎は心から笑い明るさを取り戻します。

翌朝「頑張れ」と地平線に叫んで自らを「群れから離れた厳しく生きるライオン」に例え、そして野戦病院への勤務を村上所長に志願します。

笑顔で負傷兵に接し熱心に治療している頃、看護師として草野和歌子(石原さとみ)が派遣されてきます。

和歌子もまた苛酷な現場で笑顔を絶やさないことができる優れた人物です。

二人は最初は意見が合わないこともありましたが航一郎の姿に和歌子は心を打たれ自身もまた負傷兵に深く寄り添うようになっていきます。

航一郎は少年兵たちと心からの交流をするうちにすっかり打ち解けあい病院内は笑い声が絶えない明るい空気に変わっていきます。

しかし少年ンドゥングだけが航一郎の治療を拒否し心を開こうとはしません。彼は目の前で家族を皆殺しにされ自分自身も9人もの命を奪った過去があるのです…

https://eiga.com/movie/81448/

「風に立つライオン」の印象に残ったところ

少年兵の人生を変える島田航一郎医師

https://eiga.com/movie/81448/

航一郎が傷付いた少年兵と交流し傷の治療をするだけではなく心のケアにも本気で取り組み少年達の子ども本来の明るさを取り戻させ人生をも変えていくところがこの映画の一番の醍醐味となっています。

日本からケニアにある研究所兼診療所に派遣された航一郎は明るく優秀な医師で患者の心をとても大切する人物でいつも患者に「大丈夫、大丈夫」と言って励ますので「ミスター大丈夫」と言われ親しまれていました。

派遣されて間もなく航一郎はケニアの国境近くの赤十字戦傷病院へ1か月間の間だけ派遣要請があり向かうことになります。

そこはスーダンの武力紛争で傷ついた多くの兵士が毎日何十人と運びこまれその多くは少年兵というショッキングなものです。

私がとてもショックを受けたのは拉致された少年達が手を繋ぎ歩きながら地雷原を歩かされるというものでした。

時には銃を持たされて無理やり戦わされることもありさらに恐怖を感じなくさせられるため麻薬を打たれるのです。

私はこのようなことが現実に起きているというのを今作で初めて知りました。例えではなく本当の地獄。
日本にいても仕事が忙しい時など「今日は地獄だ」などと言うことがありますが本当に簡単に使ってはいけない言葉ですね。

そうして傷付いて運び込まれてきた負傷兵や少年兵を航一郎はまともな医療設備がない環境で治療することになるのです。

ほとんどの手術は、麻酔の出来ない深い傷を負った手や足の切断手術で航一郎は着任初日から4人の切断手術をすることになり手足の切断をした少年にかける言葉もなく、また「助けて」と言いながらも死んでしまう少年もいて航一郎は医師としての生きがいや自信を失っていきます。
ゆっくりと落ち込む暇もなく次々と新しい負傷兵が運び込まれ、航一郎も地獄を経験したのです。

もし日本のように充分な医療設備や治療できる環境があれば助かる命や身体をどうすることも
できないのは優れた技術や心を持つ航一郎のような医師にとって想像を絶する苦しみなのではないでしょうか。

その後訪れたマサイの村での体験で生きるという強い気持ちを取り戻しあれほど辛い思いをした野戦病院に自ら志願して現地へ赴き今度は笑顔を絶やさず航一郎らしい本来の明るさや不屈の心で負傷兵と接していきます。

やがて深く傷付いた少年達は子どもらしい明るさを取り戻していきます。

少年達にとって航一郎は医師であり人生を導く先生であり時には一緒に笑ってくれる友達のような存在だったのかもしれません。

そして最後まで心を開かなかったンドゥング。彼は教師であった父、優しかった母、姉、幼かった妹という家族を皆殺しにされ自身は無理やり兵士にされ、9人もの殺害をさせられたという壮絶な過去をもっています。

航一郎の心はそのンドゥングを変え航一郎のような医師を目指してやがて人命を救うことになるのです。

https://eiga.com/movie/81448/

「風に立つライオン」の元になった恋人・秋島貴子への手紙

https://eiga.com/movie/81448/

航一郎がアフリカに渡る前、秋島貴子(真木よう子)という恋人がいました。

貴子は父・誠一(山崎一)が五島列島の診療所を営んでいて住民からとても愛されている
医師です。脳梗塞を患い体に麻痺が残り無理をして診療所を続けていました。

貴子は両親の診療所を継いでほしいという気持ちを感じていて航一郎の一緒にアフリカに来てほしいというプロポーズの間で悩んでいましたがお年寄りなど住民にとって診療所はなくてはならないものだということを強く感じ航一郎のプロポーズを断り診療所を継ぐ決心をします。

二人は別れますが愛し合っている気持ちはお互いずっと抱き続けていくことになります。

そして「風に立つライオン」は航一郎の貴子への手紙を曲にしたものになります。

コウ
多くの人の心を動かした名曲ですね。
https://eiga.com/movie/81448/

「風に立つライオン」から学べること

https://eiga.com/movie/81448/

紛争地域で犠牲になる子ども達の存在に気付く

日本にいて普通に生活しているとなかなか紛争地域で犠牲になっている子どもの情報を耳にすることは滅多にはないと思います。

戦争があれば罪のない女性や子どもがいるということを想像しても具体的なイメージは湧きずらいのではないでしょうか。

今作の視聴をきっかけにこれらのことに気付く良いきっかけになりました。

人を動かすのは相手の気持ちを知ることが大事

航一郎は少年達と心からの交流をしてやがて信用されて少年達の閉ざしていた心を動かしていきました。

ンドゥングの心を動かしたのも航一郎の嘘のない本気で少年達を救いたいという心からの思いがあったからですね。

ンドゥングがもし航一郎と出会わなければまた兵士になり戦場に戻っていたことでしょう。

人の気持ちを動かすのは中途半端な気持ちでは難しく相手の気持ちや悩みなどを知ることが不可欠だということを学び学びました。

引用:https://eiga.com/movie/81448/

「風に立つライオン」はこんな人におすすめ

https://eiga.com/movie/81448/

海外で活躍する医師の姿を見たい

今作は実在の医師がモデルになり、また現役の医師が医療監修を担当するなど決してフィクションではなくリアルな海外で戦う医師の活動が描かれています。

このようなテーマを扱った作品は多くないので興味のある方はぜひご覧になって欲しいと思います。

医師の姿を扱った作品が見たい

医師を主人公にした作品は多いですがこの「風に立つライオン」は他のどの作品と比べても遜色のない素晴らしいものです。

大沢たかお、石原さとみ、真木よう子演じる懸命に生きる医師の物語をご覧ください。

「風に立つライオン」のみんなの感想.評判

30代男性
生きて行く場所を見つけた人間は強い。
人を振り回す力も強い
大沢たかおさんだから泣けたと思います。
コウ
大沢たかおさんが熱望することにより完成した映画。本気の演技は素晴らしいですね。
30代女性
アフリカの内戦。
地雷地帯を歩かされる子どもとかかわいそうだな。
手足を吹っ飛ばされる子。切断せざるをえない医療。
戦災孤児、銃を持つ子供。
そういうところで医療に携わる人ってえらいなあ。
コウ
現地に飛んで活動するには本気の想いがなければできないことですよね。
20代男性
今も、戦争で命を失ったり、傷ついたりしてる子供や大人がいっぱいいるんだと思うと、コロナで自粛するくらいのことでボヤいてる自分が恥ずかしくなる。
コウ
コロナよりも遥かに大変なことを経験している国があるということを忘れたくないと思いました。

「風に立つライオン」を視聴できるVODサービス一覧表

※2020年7月現在の情報ですのでご加入の前は詳細を各サービスでご確認することをお勧め致します。

「風に立つライオン」を視聴するならhuluがおすすめです。月額933円で配信されている作品が全て見放題です。

※表は右にスクロールできます➡

    VOD一覧 今作の視聴可否  特徴 作品数 無料期間  月額(税抜)
詳細はコチラ
配信中 日本テレビのドラマが好きなに人に

・月額933円のプランで全てが見放題
日本テレビのドラマの見逃し配信が豊富
※ダウンロード再生 / 可能
 6万作    14日間  

933円

 

   詳細はコチラ 配信日未定 とにかくたくさんの作品を見たい人に

・180,000 本以上が見放題で最新作の配信も早い
・毎月もらえるポイントは1,200で繰り越し可能
※ダウンロード再生 / 可能
18万作   31日間 1990円

詳細はコチラ

  配信中 Primeの豊富なサービスを受けたい人に

・オリジナルの見放題作品が豊富
・primeで音楽、書籍のサービスも豊富
※ダウンロード再生 / 可能

 

6万作

 

   30日間 月額プラン500円   (税込み)
年額プラン4,900円(税込み)
詳細はコチラ 配信日未定 フジテレビ系の作品を多く見たい人に

・フジテレビ系ドラマが豊富
・130誌以上の雑誌の読み放題
※ダウンロード再生 / 不可
4万作    14日間 888円
 詳細はコチラ 配信日未定 お子様向けの作品をたくさん見たい人に

・人気ドラマや映画のスピンオフが豊富
・子ども向け作品も多いのでファミリーに最適
※ダウンロード再生 / 可能
12万作     31日間 500円
  詳細はコチラ 配信中  最新作映画をレンタルしたい人に

・TSUTAYAを店舗と同じように利用できる
・毎月もらえる1,100pt
※ダウンロード再生 / 可能(一部制限あり)

1万作     30日間
見放題プラン
933円
動画見放題+定額レンタル8
2417円
定額レンタル8
1865円

    詳細はコチラ

配信中 音楽も楽しみたい人に

・「音楽+動画+電子書籍」の3つが一緒に楽しめる
・ハイレゾに対応した曲の購入、ダウロードが可能
※ダウンロード再生 / 可
18万作     30日間 500コース      /500円
1000コース    /1000円
テレビコース /1,780円

「風に立つライオン」のまとめ

 

引用: https://eiga.com/movie/81448/

見終わって心に残る良い作品でした。曲の中にある「僕たちの国は残念だけれど何か大切な処で道を間違えたようですね」という詩がとても心に響きました。

これと同じ様なことはよく聞きますがこの作品で再確認した気分になりました。

震災の時でも感じますがこうやって現地に行き活動する人は本当に人間的に優れていると思い尊敬します。最後の終わり方はちょっと腑に落ちなかったですがそれを差し引いても素晴らしく多くの人に見てほしい作品でした。

以上、最後まで御覧いただき本当にありがとうございました。心より感謝いたします。

引用:https://eiga.com/movie/81448/
The following two tabs change content below.
enntame

enntame

こんにちは!中部地方のロープウェイがある街に住んでいます。 映画やドラマが大好きでほぼ毎日観ています。 簡単なあらすじや印象的なシーンなどを書いているので観たくなる映画を探している方のお役に立てたらいいなぁと思います♪ お友達やご家族とお話しをするような感覚で読んでもらえたら嬉しいです。 コメントはお気軽に♪
最新情報をチェックしよう!