ヘリノックス・カフェチェア&テーブルおすすめ強烈ポイントあり

合金加工の技術を活かし、軽量なアウトドアチェアを中心に提供するヘリノックスですが、2021年10月に「カフェチェア」を発売開始しました。

「どこでもカフェ」がコンセプトのアウトドア用品としての位置づけですが、ただの「アウトドア用チェア」に留まらない強烈にオススメできる実用的なイスです。

できれば、テーブルも一緒に手に入れたいものです。

強烈なオススメポイントを紹介します。

目次

ヘリノックス・カフェチェア&テーブルおすすめ強烈ポイント

元々、テントの製造会社だったDAC社のブランドが「ヘリノックス(Helinox)」です。

Helinox(ヘリノックス)公式サイト

テントには、軽量で丈夫な合金加工と、風雨に耐える布が必要です。

それらをアウトドア用のイスや机に活かしたわけです。

快適性と携帯性を兼ね備えていることで、人気です。

2021年夏に発売になった「カフェチェア&テーブル」は更に強烈なおすすめポイントがあります。

「カフェチェア&テーブル」は仕事に使える!

これまでのヘリノックスのチェアは、軽量で座り心地がよく、外出先や屋外でのリラックスタイムでの利用に最適でした。

家の中で使うときにも、リビングでくつろぐ用途がメインでした。

しかし「カフェチェア&テーブル」は在宅ワークにも使えます。

カフェチェアの座面は床から50センチ

これまでのヘリノックスの定番チェア「コンフォートチェア」は、床から座面までが35センチでした。

くつろいでテレビを見たり本を読むには、ちょうど良い高さでした。

しかし、机に向かって仕事をするには、どうしても低すぎでした。

カフェチェアであれば、床から座面は50センチです。

サイズは、幅が46.5センチ、高さが84センチ、奥行きが49センチです。

140キロの重さまで耐えられます。

仕事のために十分使えます。

チェアにピッタリのテーブル

セットで使うのに、ちょうどよいサイズのテーブルも同時発売となります。

幅が60センチ、高さが68センチ、奥行きが60センチです。

カフェチェアと一緒にそろえれば、「どこでもオフィス」の出来上がりです。

快適性・携帯性は従来品と同様

カフェチェアの「座面は、吊り下げ式のため圧迫感がなく快適です。

おりたたみは数秒ででき、重さは約1.5キロです。

気分転換のため、また子供の面倒を見ながら仕事するのに、イスと机を移動したい場合にも最適です。

アルミフレームを強化

これまでどおりの快適性を維持しながら、座面の高さを約15センチ上げるために、従来より強いアルミフレームを使っています。

レベルアップしていますね。

まとめ

2021年8月に、カフェキツネとコラボ製品の「カフェチェア」と「カフェテーブル」を発売しています。

カフェ キツネ×ヘリノックス、“どこでもカフェ”を楽しめるアウトドアチェア&テーブル – ファッションプレス (fashion-press.net)

そこで好感触があったので、自社のラインラインナップにも加えることにしたのでしょう。

「アウトドアやリラックス用途だけでは、いいものだけど迷うなぁ」

そう思っていた人でも、「仕事・在宅ワークでも使える」となれば、活用の幅が広がります。

「仕事環境をテコ入れしたい」という人に最適ですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる