査定ゼロでも廃車でおトク。20万キロ走破でも10万円もらった!

生活

買取価格は査定ゼロでも、廃車にするとお金がもらえる。

処分にはお金がかかると思っていましたが、とあるサービスを使うと廃車を頼んでもお金がもらえます。

そんな方法をまとめます。

自動車を持っている人なら、誰でもできる方法です。

サービスを使うだけでもお金がもらえますが、さらにお得にできるポイントがありますので、最後までじっくり読んでくださいね。

査定ゼロの自動車なのに、廃車にするとお金がもらえる?

軽自動車を格安で手に入れ、廃車を決意する

20万キロ走破した愛車のボクシー。

まだまだエンジンは元気で走れそうですが、子供も大きくなり、そろって出掛けることもなくなりました。

燃費も悪いし税金も高い。

通勤は自転車がメインで遠出もしないので、維持費が安い軽自動車で十分と考え、個人間売買で軽自動車を格安で手に入れました。

中古の軽自動車を安く買う方法.諸費用コミで13万円!!
中古の軽自動車を13万円台で買いました。 相当距離を乗っているのでは?と思うかもしれませんが、6万4千キロです。 ダイハツの「ムーブ・ラテ」です。 「15万円」の価格表示ですが、約8%の割引ができたので、13万円台...

およそ15年、色んな所へ家族で行きました。

思い出がたくさん詰まった車ではありますが、車検を区切りに手放すことにしました。

買取査定金額「ゼロ」・・・

車検の見積もりのとき、一緒に買取り査定もしたのですが、値段はゼロ。

それはそうでしょう。

20年ほど前の車ですから、地球を5周回るくらい載った車ですから・・・

廃車にするには、レッカー代やら廃棄処分代金やら、さぞかしお金がかかるだろうなぁ、と思いました。

買取サービス「カーネクスト」を使う

それでも、「事故車でも買い取ります」というような広告を、どこかで見かけたような気がしました。

検索して、みつけたのが「カーネクスト」というサービスでした。

(ただ、ここで直接、カーネクストを利用してはいけません。さらにおトクにできる方法がありますので、最後まで読んでくださいね)

申込みは簡単6項目

利用してみると、6項目を入力して送信するだけでした。

すぐに、ショートメッセージがスマートホンに送られてきて「お好きな時間にご連絡ください」と営業時間帯が示されていました。(下の画像には、その後のメッセージも含まれています)

電話でのやりとり

電話するのを忘れていると、昼休み前に電話がかかりました。

明るい営業慣れした女性でした。

その会話で

  • 買取価格
  • 必要書類(印鑑証明・車検証・自賠責保険証・実印)
  • 注意事項(キャンセル料がかかること、など)

などを確認しました。

(ご利用されるときには、変更されている可能性もあるので、サービスを利用される場合は自己責任で確認してくださいね)

この電話で買取を申し込めば、金額が1万5千円上乗せされる、とのことでした。

引取日程を決める。冬タイヤの処分も可能

「タダで引き取ってもらえるだけでもありがたい」

と思っていましたので、電話で引き取り日程も決めてしまいました。

新しい車を受け取る日も迫っていたので、駐車場の関係で提示された日よりも早い日程をお願いしましたが、快く引き受けてもらえました。

また、日程については、後で変更も可能で、また冬タイヤも希望すれば一緒に処分してもらえることもわかりました。

フォームから写真をアップ

電話の後、ショートメッセージで「URLを開き、写真を送ってください」という案内が来ていました。

URLを開くと、以下の写真を送る指示がありました。

  • 免許証
  • 車検証
  • 車の外観(角度指定で6種くらい)

「翌日の12時まで」という指示でしたので、仕事の定時後に職場の駐車場で撮影して送信しました。

契約フォームに記入する

するとまたショートメッセージが来ており、契約内容の確認と振込先の口座情報などを送信する指示がありました。

そこには契約内容の記載がありました。

読むと、引取後、書類等に不備がなければ、通常2営業日以内に買取金額は指定口座にふりこまれるようです。

引き取りの前日の20時までには、正確な引取時間の連絡がある、ということです。

それの連絡を待つことにしました。

さらにオトクにする方法

カーネクストを利用するのに、さらにオトクにする方法があります。

ポイントサイトの「ライフメディア」を使うのです。

ポイントサイト「ライフメディア」を使う

「ライフメディア」は大手のポイントサイトの一つです。

ポイントの付与率が高いことで有名です。

「ライフメディア」を経由して、「カーネクスト」を利用することで、私は4000ポイント(4000円分)もらえました。

(付与されるポイント数は、都度、変更される可能性があります)

サイトを経由するだけで、4000円分の差ができるんですから、ポイントサイトを経由しないと損ですね。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました